« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

「まひるの食卓」室田洋子

先日、「週刊俳句」 の「週俳7月の俳句を読む」を書かせて頂き、取り上げた俳句の作者・室田洋子さんから、句集「まひるの食卓」を贈っていただいた。なんだか勢いで書いてしまったので、恥ずかしい文章だったが、気に入ってくださったようで、恐縮している。

9784781400945

贈っていただいてから、ふらんす堂さんのプログで、何句か紹介されていて、読んだことがあるのに気が付いた。ふらんす堂さんの本らしく、品の良いパール加工で、派手すぎず、とても装丁の美しい本。

かなかなや考える椅子ちょっと貸して

いなびかり失恋体操しています

普通の言葉を使いながら、着地点はどこか別世界。自由奔放で、瑞々しく、普遍的だ。恋、(または恋未満の句)に佳句が多いのも、嬉しい。本当に恥ずかしいが、説明しようもなくも「好き!」としか言えない句なのである。

好きな句を引かせていただく。

吾亦紅百年だって待つのにな

 十六夜恋濃い故意と変換す

 さくらさくらどこでこの手を離しましょう

 腋を剃るピンクのかみそり遠花火

 本閉じて春満月に寄りかかる

 草いきれわたしよわたしにはぐれるな

うつぶせのあなたのように夏銀河

 ベティちゃんのあついくちびる年惜しむ

 わたしという私の敵よ牡蠣すする

さて、明日は都市 の鍛錬句会「夏安居」である。

朝九時半から夕方五時まで、昼の休憩をはさみ、句を作り続ける。すべて題詠なので、自分でもどんな句が出るかわからない、というのが良いかもしれない。楽しみ!

夏休みと「週刊俳句」

7月29日から8月2日まで、グアムに行ってきました

グアムは初めて。雨季なのに、お天気に恵まれ、昼間は目いっぱいヨガやシュノーケリング、スパでジャグジーやマッサージ。

日が暮れて、バーゲンシーズンなので買い物三昧。夜はプールで南の島の星を観察。初めてのグアムを堪能しました。

Dscf1262_2

帰国して、結社の有志と葉山にミニ吟行。

モダンなリゾートと、昭和レトロな雰囲気の共存する素敵な場所でした。

Dscf1420_2

8月7日更新の、「週刊俳句」第224号の週俳7月の俳句を読むを書かせて頂きました。

サラっと書いたので、サラっと読んでください

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ