« GUINNESS NIGHT | トップページ | 一の酉 »

十月花形新派公演「滝の白糸」

Flier

昨日は、母と一緒に、三越劇場に十月花形新派公演「滝の白糸」を観に行きました。

ヒロインは、大好きな市川春猿さん。他にも歌舞伎からは、市川笑三郎さんや市川猿弥さんなど、日ごろ気になっていた役者さんが揃っています。

もうひとつの楽しみは、「新派」初観劇

名前だけは知っていたのですが、イメージをつかめないままでした。

「三越劇場」に行くのも初めて。なんだか初めてずくしで、ドキドキしました。

Dsc05477 Dsc05479_2 Dsc05484

三越劇場、可愛いっ

レトロで豪華で、機能一辺倒のいまどきの劇場からすると、信じられない位デコラティブ。

あまりに素敵なので、用もないのに、二階に上がってみたり、ウロウロしてました。

洋風の作りに、定式幕の色合いがこれまたシブい。

「滝の白糸」は、春猿さんが、この世のものとは思えないほど、美しく、蓮っ葉なようで可憐で、ドキドキでした。いつも、歌舞伎では、「春猿さんもっと出ないかなぁ」と思っているのですが、主演ともなると、帯を解いたルーズな着こなしから、水芸の時のカラフルな裃まで、色んなお衣装を着て出ずっぱりで、堪能出来ました。

特に、「卯辰橋で髪をほどいて結い直す場面」は、指先から首筋のラインまで、すべてが本当に素敵でした。

競演の新派の俳優さん・井上恭太さんも、一部では、「ちょっと天然?」と思わせるほど、若々しく無防備な感じでありながら、三部になると、グッと落ち着いた感じで、さすがでした。

最初に思っていた、「女優さんではなく、男性である女形さんが主演」、という違和感は全くなかったです。逆に、今の女優さんで出来る人が思い浮かばず。それほど素敵な舞台でした。

« GUINNESS NIGHT | トップページ | 一の酉 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GUINNESS NIGHT | トップページ | 一の酉 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ