« 芸術の秋能楽の調べ | トップページ | 十月花形新派公演「滝の白糸」 »

GUINNESS NIGHT

昨日、10/5は、WEBサライさんのご厚意により、六本木ヒルズのMADO LOUNGEで行われた「GUINNESS NIGHT」に参加させて頂きました。

早めに出掛け、毛利庭園やヒルズの回りを吟行、カフェで句をまとめてから、待ち合わせの場所に向かいました。

集まったブロガーさんは、全部で10人。ちょっと緊張しましたが、初めて参加される方も多く、温かい雰囲気でした。

Dsc05451

この「GUINNESS NIGHT」は、ギネスのマスターブリューワー(最高醸造責任者)のファーガル・マーレイ氏から、美味しいギネスの注ぎ方や飲み方を伝授してもらい、

人気の料理店「賛否両論」の料理人・笠原将弘氏による、料理も味わえる、という至福のイベントでした。

ギネス一杯注ぐのに、なんと119.5秒。日ごろせっかちな私からすれば、じれったくなるほどのゆっくりペースです。

マーレイ氏いわく、「サーブは儀式」とのこと。

更に、その「飲み方」。

「男のように立ち」(足を肩幅に)、「地平線を見つめて」(目線をあげなさい、ということのよう)、「肘を上げて」飲む。

ウイットに富んだマーレイ氏のお話は、とても楽しく為になりました。

お料理は、

「岩がき 岩のりジュレかけ」

「牛いちぼの西京焼き 薬味サラダ添え」

「柿とごぼうのおかき揚げ」

「さんま肝醤油焼き いぶりがっことマスカルポーネ添え」

日本の秋の味覚が、こんな風に変身するなんて、ビックリ。

Dsc05467

ひとすじの雲のばら色黄落期

シースルーエレベーターてふ秋灯

大型スクリーンに秋のドラマや六本木

縞シャツの犬歩きをり秋の園

宇宙より帰りしメダカ秋の水

流星や麦酒注ぐといふ儀式

秋の夜や琥珀の泡の黒麦酒

Dsc05445_2_2

栗山 心

« 芸術の秋能楽の調べ | トップページ | 十月花形新派公演「滝の白糸」 »

栗山 心の俳句」カテゴリの記事

コメント

 << 「秋の夜や琥珀の泡の黒麦酒」

すてきです!
先日はおめにかかれてうれしかったです。

ビールおいしかったですよね~。
やはり、自分で缶から注ぐのとは、ちょっと違いました。

また、次のブロガーイベントでお目にかかれるのを楽しみにしています。 (^O^)/

>さんこさん、

コメントありがとうございます!

美味しいビールと、お料理、素敵な夜でしたね!

俳句にして残すと、何故か鮮明な記憶になるので、せっせと作っています。

またお目にかかれるのを、楽しみにしていますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芸術の秋能楽の調べ | トップページ | 十月花形新派公演「滝の白糸」 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ