« 甘茶 | トップページ | 能楽体験講座(1) »

歌舞伎座さよなら公演 御名残四月大歌舞伎

  昨日、建て替えのため今月で閉館となる、歌舞伎座のさよなら公演に行ってきました

三部構成なので、午後三時開演の二部、もちろん席は一番安い三階席2500円也。

Dsc05088_2 Dsc05089

早めに着いて、記念にと写真を撮っていると、「歌舞伎そば」に空席があるのを発見。

お昼にカップラーメンを食べてきたので、特別お腹は空いていなかったのですが、ずっと食べてみたかったのですが、タイミングが合わなかったので、最後のチャンス、とお店へ。

立ち食い蕎麦屋さんのような作りのお店に、席は8つ。食券で「かけそば」350円を買いました。

Dsc05094 Dsc05093

あ、ほんとに何も乗ってない

しかしこれ、ホント、美味しかった。今更ながらですが、もっと早くから食べておけばよかったなぁ。食べ終わってお店を出ると、ちょうど一部の公演が終わった直後で、すでに長蛇の列でした。

せっかくなので、色々見物。

開演まで場内の写真を撮っている方が多かったです。

Dsc05098   

二部は、「寺子屋」、「三人吉三巴白浪」、「藤娘」。

昨日「梅若忌」。このタイミングで子供との別れを描いた「寺子屋」を見るなんて、出来すぎな感じ。ジーンときました

「三人吉三巴白浪」の、あのセリフのグルーヴ感にはマイります

「藤娘」の、藤十郎は、可愛いなんなんでしょう、あの可愛さは。まさに恋する乙女。

はじめて歌舞伎座に行って観たのが、一昨年の11月の、藤十郎の「廓文章 吉田屋」だったのですが、上方ボンボンらしく愛らしくて、もう一度見たい演目でした。

夢のような「藤娘」が終わって、私も夢から覚めたように歌舞伎座を後にしました。

近くで見ると、舞台は傷だらけ。夢を見せてくれるその裏は、実はとても大変なのでしょう。

Dsc05096_2

« 甘茶 | トップページ | 能楽体験講座(1) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座さよなら公演 御名残四月大歌舞伎:

« 甘茶 | トップページ | 能楽体験講座(1) »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ