« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

能楽連続講座

狛江能楽普及会」さんが開催する、能楽連続体験講座に行ってきました。

第一回目は、「熊野」(ゆや)を中心に能についての概説、謡・仕舞の体験。

「熊野」の一節を能楽師の中村先生と一緒に謡ったり、扇を持って舞ってみたり。

Dsc04990

二回目の昨日は、渋谷のセルリアンタワー能楽堂で、能舞台の仕組みの解説を聴かせて頂いた後、実際に白足袋を履いて、能舞台を歩かせていただきました。また、楽屋や焙じ室、装束の部屋など、裏側まですみずみ見せていだきました。

セルリアンタワーの能楽堂は、ゴージャスなホテルの地下にあるので、裏側へ行く扉を開けるとすぐ反対側が宴会料理らしきものを作っている厨房でビックリ。

能楽堂は、室内なのに屋根のある建物で、もうそれだけで別世界です。能楽を見たことがなくても、この別世界を体験してみると、興味が沸いて見てみたくなるかもしれませんね。良い経験でした。そして、とても想像力が沸いて、俳句がたくさん出来ました

土曜日の第三回目は、神楽坂・矢来能楽堂にて円満井会定例能鑑賞です。

いよいよ能楽堂デビュー。

チチポポと鼓打たうよ花月夜 松本 たかし

Dsc05006

Dsc05010 Dsc05021

石橋楽器梅田店

久しぶりの更新です。

先日、「週刊俳句」さんに俳句を投句する「投句ボード」が出来たので、早速作ってみました。

ルールは、「石・橋・楽・器・梅・田・店」の漢字をどこかに使う、ということのみ。

↓栗山心のコメントのところに全部の句が載っています。

http://hw02.blogspot.com/2010/02/blog-post_14.html

半分吟行句、というか、先月行った韓国の句でまとめてみました。

選者がいて、選句してくださる、というので、楽しみにしていたところ、昨日の朝、発表されているのを見てみると、なんと選者の一人が我が「都市」の中西主宰

しかも二句も選んでくださっています。

http://weekly-haiku.blogspot.com/2010/03/1.html

主宰のコメントのところには、句と作者の名前が載っていたので、てっきり私と承知し上で取ってくださっているのかと思いました。

(菊田一平先生にも、取っていだいています↓)

http://weekly-haiku.blogspot.com/2010/03/1_5231.html

昨日は、結社誌『都市』の初校の日。

主宰宅に伺い、「先生、ビックリしましたよ、週刊俳句」というと、全くなんのことかわからないご様子。

どのように選句されたのか聞くと、作者名は無記名だったそうです。(投句一覧を見せていただきましたが、句だけがヅラリと並んでいました)

二句も取った、と聞いて、先生もビックリでした。

題詠は、大好きなので、ぜひまた「投句ボード」に投句したいと思っています。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ