« 金秋 | トップページ | 秋の暮 »

菊枕

「錦秋」を見た次の日は、友達とお笑いライブへ

先日の「ユニバース・フェスティバル」の半券を持っていくと、半額の500円で入れる、という「ユニバース・ライブ」。

新宿バイタスもハロウィン仕様になっていました

Dsc04524_2 Dsc04525_2

ユニバース所属のコンパスさん、大木三郎さんに加えて、

テレビでもおなじみの「サイクロンZ」さんや「波照間てる子」さん、先日は俳優さんとして参加されていた、「ガンリキ」さん、友達が見たい、と希望していた「ツーライス」さん「マッサジル」さんなどの、私好みのメンバーのライブでした。

Dsc04532 Dsc04530_2 Dsc04533_2

お笑いというジャンルは、すべて出尽くして、もう新しい発想は出てこないんではないか、と思いながらも、ライブに行くと、毎回、斬新なアイデアが出てきて、目からうろこ、です。

今回、「目からうろこ」だったのは、ベテラン「ツーライス」さんと、ピン芸人・「英哲」さん(前日見た太鼓の方と、同じ名前ですが、関係なし、多分。)。

うわぁ、こういう表現の仕方があったかぁと、ひたすらビックリしました

大木三郎さんは、短いネタをたくさん詰めた「大木三郎なりきり劇場」。

ネタを探すために、ひたすら人間観察している大木さんの姿が、目に浮かびます。

帰宅して、テレビを見ていると、たまたまひとり芝居でお馴染の、イッセー尾形さんが出ていました。もうあのスタイルも、30年近いそうです。

「単独ライブの時、観客のプレッシャーは感じるか?」という質問に対して、「申し訳ないけど、そこまで考えている余裕はないんで」、と答えていました。30年やっていても、この真摯な姿勢は、やはりスゴイなぁと、思いながら、眠りにつきました。大木三郎さんも、ずっと頑張ってほしいです。

寝る時は、通販で買った菊枕を愛用。なんとなく良い夢が見られそうな気がしています。

菊枕して極彩の夢を見し  七里 みさを

« 金秋 | トップページ | 秋の暮 »

お笑いライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊枕:

« 金秋 | トップページ | 秋の暮 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ