« 秋日和 | トップページ | 金秋 »

秋の雨

Dsc04520

昨日は、午後から銀座へ。銀座小劇場に、「ユニバース・フェスティバル」という、お笑い&ダンス&お芝居のイベントを見に行きました。

四丁目の交差点に出ると、なにかやらユニクロの袋を持った人がいっぱい銀座店がリニューアルして、昨日からオープンだったんですね。

混んでいたので、軽くチェックするだけでしたが、「アンラシーネ」や「ZAZIE」が入店しているところが新しいかな。銀座にまたひとつ新名所が出来ますね。

Dsc04521_2

ブルガリとヴィトンの間を抜けて、しばらく行ったところにあるのが銀座小劇場。去年の夏の、関西のお笑いコンビ「チョップリン」の単独ライブ以来です。以前は、ベンチシートだった部分が、椅子席になって見安くなっていました。

健康的でセクシーなダンスに続いて、お笑い。

ピン芸人・大木三郎さんの、大阪のおばちゃんネタなど、愛と毒のある「大木三郎なりきり劇場」、

コンパスさんの避難訓練をネタにした正統派漫才(オチのキレイさが見事。地震ネタもタイムリーで、さすがでした)、

マッサジルさんの、歌をメインとした漫才、どれも大笑い。

いきなりハードルが上がったので、お芝居はどういうものか、と思いましたが、これがスゴイ

60回分の昼メロを60分で見せるという、「60分間の昼メロドラマ・愛子と玲子」

こんなこと、フツー思いつかないし、思ったとしても、それを実現出来る俳優さんは(特に若手では)いないでしょうね。ここの事務所・ユニバースさんの、層の厚さ、更に、それを支えるゲストさん、脚本演出の大野泰広さん(この方も芸人さん)の、「昼メロ愛」もスゴイ

(以下は少々ネタばれになりますが)

ゲストのお笑い芸人「ガンリキ」の佐藤さん(円城寺グループのカリスマ性あふれるトップ・輝夫)、

「ホンキートンク」(浅草などの寄席に出られてるコンビ。さすが存在感が違います)の弾さん(円城寺輝夫の部下で、実は、ものすごいダークサイド持った人物・黒田)。

↓弾さん。役柄のイメージとは違い、終演後には、このような笑顔の方でした。

俳優の寺島進さんみたいでしたテレビや映画だったら、「黒田」は寺島進さんがやりそうな役柄ですよね。遠藤憲一さんとかね。私的に、助演男優賞を差し上げます

Dsc04519_2_2

助演男優賞がいるなら、助演女優賞は、ヒロイン愛子の母・てる子を演じた、江藤亜耶さん。

更に「ホンキートンク」・利さんの、マダム然としているが、実は裏の顔を持つ、輝夫の妻・光子、

ありとあらゆる役柄を体力勝負の早変わりで演じた、「コンパス」の中島さん、

そして、まさかのフケ役で狂言回しも兼ねる大活躍、円城寺家の執事を演じた、大木三郎さん。↓執事役、というから、「執事カフェ」にいるようなイケメン執事を想像しましたが、大阪弁も封印して、年配の執事を演じていらっしゃいました。

Dsc04517_2

お笑いライブなので、最後は笑いに持っていくのですが、皆さん、真剣に笑いを追求しています。素晴らしい姿勢ですね。

昼ドラ60回分の怒涛の展開に、もうお腹いっぱいです

マックで夕方無料のアイスコーヒーを飲んで、大満足で帰りました。

秋雨や旅に行きあふ芝居もの 召波

« 秋日和 | トップページ | 金秋 »

お笑いライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の雨:

« 秋日和 | トップページ | 金秋 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ