« 夏の月 | トップページ | 鰯雲 »

木槿

先週の木曜日の夜、ソウルから帰ってきました。

Dsc04302

ソウルでは、大人数で食事をしたり、朝までショッピングをして、マッサージで爆睡したり、メイクをしてチマチョゴリを着たり、と大忙しの充実した時間を過ごしました。

帰ってきて、二日後には、習っている格闘技の先生が試合に出るため、ディファ有明で「パンクラス」の試合を観戦。先生が見事なTKOで勝利し、東京湾の花火でごった返す有明から、ご機嫌で帰宅しました

Dsc04357_2

そんな日常で、読み終えた本

川上弘美「風花」

買ったきっかけ:
タイトルがすべて季語だったので。

感想:
不倫物なのに、妙にフワッとした浮遊感のある、不思議なストーリー。登場人物がみんな、低体温・低血圧な気がする。

おすすめポイント:
ぜひタイトルを歳時記で引いてみてほしいです。うまいタイトルの付け方だなぁと、納得するはず。

<>

<>

<>

そのあと読んだ、芥川賞受賞作、磯崎憲一郎の「終の住処」。 たまたま「風花」との共通点が、旦那が浮気をする、という不倫ものでありがながら(「終の~」は旦那サイドの視線で描かれているとはいえ)、「終の住処」の、見事な時間の感覚の描きかたや、社会的な出来事をうまく背景に取り入れているところ、ほろ苦い読後感、いまいち感情移入できない「風花」とくらべ、すべてが好きなタイプの小説でした。

ソウルから帰ってきた次の日が、立秋。

ソウルの漢江を走る、「オリンピック大路」の交通量の多い道端には、韓国の国花「木槿」が、ひっそりと咲いていました。「木槿」は、秋の季語。

道のべの木槿は馬にくはれけり 芭蕉

Dsc04348_2

« 夏の月 | トップページ | 鰯雲 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい!
お元気そうでなによりです。

僕は日本が大好きで、海外にはあまり興味がなかったのですが、最近ちょっと外国の事も知りたくなってきました。
文化の違いを肌で感じるのは、きっと面白いですよね。

パンクラス習ってるなんて意外でした!
僕も観戦は大好きです。


と、今日NHKで22:50~漱石の番組ありますね。
ラテ欄に『近代とは不愉快~ひきこもり』とかあって、ちょっと気になりました。

>薗田さん、

焼肉と、マッサージでエネルギーチャージして、元気に帰ってきましたヽ(´▽`)/

漱石の番組、良かったですね!
等身大の漱石がわかって、とても身近に感じました。
薗田さんが海外に行ったら、おもしろい話が聞けそうです。いずれ、ぜひ!

格闘技は、運動の一環としてやっていますが、なかなか面白いですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木槿:

« 夏の月 | トップページ | 鰯雲 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ