« 天瓜粉 | トップページ | 夏蝶 »

鎌倉の紫陽花

Dsc03742_2

昨日は、「吉屋信子記念館」を見学するため、鎌倉に行ってきました。

まずは、小町通りで「しらすごはん」のランチKc3i0091_2

大皿にサラダと一緒に盛られた、カフェのプレートランチ風のしらすごはんと、

もちろんスイーツも。「湯葉のチーズケーキ」どちらも美味でした

Kc3i0092

修学旅行や遠足の小中学生に交じって、竹下通りのようにごった返す、小町通りを散策。

どこのお店も、古都鎌倉らしく、凝ったディスプレイをしていたりして、素敵です

Dsc03738_2

小町通りから少し入った、「雪ノ下」という美しい地名のところにある、近代日本画の巨匠「鏑木清方記念美術館」に行ってみました。昭和47年に清方が亡くなるまで、清方の画室であったという、瀟洒な邸宅です。

特別展は「清方と隅田川」。

船遊びの光景を描いた屏風あり、「謡曲 隅田川」の子を探す母の姿を描いた大きな絵あり、さらりと描かれた雑誌の挿絵用の絵ありと、どれも涼しげで情緒ある作品ばかり。清方は明治11年生まれということなので、当時、江戸の面影が残る神田に生まれたことが、作品に影響しているのでしょう。

Dsc03740

Dsc03741

再び、小町通りに戻り、吉屋信子記念館へ。続きはまた明日。

しみじみと梅雨ながかりし紫陽花に 吉屋 信子

« 天瓜粉 | トップページ | 夏蝶 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

湯葉のチーズケーキ、おいしそうです。
鎌倉って和食もおいしければ洋食もおいしくて・・・あ、また食べ物の話に。
緑の色がきれいですね。梅雨入りはまだしていないのでしょうか?

>ともみさん、

チーズケーキ、しっとりして甘さ控えめ、お勧めですよ
韓国は、お豆腐はあるけど、湯葉って食べますか?

鎌倉は、ほんと何でもおいしいですよね
たくさん歩くので、たくさん食べて、和菓子や漬物など、お土産まで買って、大荷物になってしまいます。

東京は雨が続くかと思えば、この日のように気持ちの良い気候であったり、本格的な梅雨入り前といった感じですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉の紫陽花:

« 天瓜粉 | トップページ | 夏蝶 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ