« 闘魚  栗山 心 | トップページ | 梅雨 »

さくらんぼ

8日のブログ「闘魚」では、総合格闘技「パンクラス」の試合を見に行ったことを俳句にしてみました。吟行句、です。

Dsc03807

神社仏閣や自然の中に行かなくても、どこでも俳句は作れるんじゃないか、といつも思っているので、あえて、こんなところで作ってみました。

吉屋信子も

梅雨暑し女子プロレスの阿鼻叫喚

なんて句を作っていますしね。

観戦しながら、浮かんだフレーズをメモし、あとで形を整る、という方法は、いつもの吟行と全く同じ。観戦しつつ、メモ取りつつ、まわりと談笑しつつ、と結構忙しかったのですが、やろうと思えばなんとかなるものだ、と思いました。

つたない俳句ではありますが、これからいろんな場所に「一人吟行」したいと思っています。

さくらんぼいただきました。

Kc3i0098_2

やっぱりこの句しか思い浮かびません。

茎右往左往菓子器のさくらんぼ 高浜 虚子

« 闘魚  栗山 心 | トップページ | 梅雨 »

俳句の周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくらんぼ:

« 闘魚  栗山 心 | トップページ | 梅雨 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ