« 文学フリマ、ご来場ありがとうございました! | トップページ | 紫陽花 »

阿修羅展

東京・上野の東京国立博物館平成館で開催されている「国宝 阿修羅展」にようやく行ってきました(6/7までなので)。

Dsc03680

朝10時の段階で、入場までに40分待ち。連休が終わったとはいえ、ものすごい人気のようです。お昼近くには80分待ちになっていたので、TDLの行列並みです

学校の教科書で見て以来、一度阿修羅像を見てみたいものだと思っていましたが、日本史嫌いの不勉強で、どのような歴史ある像なのか、全く知りませんでした。

今回、少しは勉強しましたが

阿修羅像は、顔立ちがふっくらした感じなのに、小顔・スレンダーで、本当にイマドキの少年のよう。腹筋は、というか筋肉感はまったくなく、お腹はややぽっちゃりしているところも、イマドキっぽいかな。

三組の腕と、耳がなぜか気になり、どのようになっているのか知りたくて、飽きずに回りをグルグル回ってしまいました

仏の眷属(けんぞく・家来のようなもの)として取り入れられたインドの神々・八部衆も、それぞれ個性豊か。異型と少年のハーフというのも、不思議な魅力でした。

見終わると、ちょうどお昼近く。

前回見つけたレストランに行ってみようと、子規球場の横を通って、歩きました。

Dsc03682 Dsc03684

上野駅公園口近くにある、バンブーガーデンの中の和食屋さん「音音」で、「ネバトロ丼」。

美味「アトレ」→「アメ横」を回って帰宅しました

葉柳の風は中から起りけり  正岡 子規

Dsc03686 Dsc03687 

« 文学フリマ、ご来場ありがとうございました! | トップページ | 紫陽花 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅展:

« 文学フリマ、ご来場ありがとうございました! | トップページ | 紫陽花 »

都市 俳句会

キラ☆メン!

チカピカ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ